ホーム  >  地域のサービスについて知りたい  >  支部社協事業

支部社協事業

地域で主体性・自主性のある活動を

地域には高齢者や障害者など、安心して暮らすために何らかの不安を抱えたり、援助を必要としている人たちが一緒に暮らしています。住民がお互いにアイデアを持ち寄り、助け合って、安心して暮らすことができる福祉のまちづくりを進めていくことが、支部社協の役割です。

組織

市内には合併前の町を単位とした13支部社協があります。 自治会の役員や民生児童委員、高齢者代表、子ども会、ボランティア、女性組織など地域内にある各種団体の代表や福祉に関心がある方などから組織されています。

支部社協活動の目標

  • 地域の実情に即した地域福祉活動を展開するため小地域の中核的組織としての活動の推進
  • 地域住民の福祉に対する意識の向上と住民相互の協働活動、地域の特性を生かした地域住民による主体的な事業展開を進めるための支援

支部社協の主な活動

基本事業

支部社協で行う基本事業の支援を行います

1.ふれあいサロン・ふれあい食事サービス団体の育成と助成

サロン事業は、地域の高齢者や子育て中のお母さん方の交流・ふれあい・生きがい活動を通じて、交流の輪を広げて行くことを目的とした事業です。

基本事業01 基本事業02

 ※食事サービスについての詳細は下記のパンフレットをご覧ください。

各種ダウンロード

食事サービスパンフレット 表紙 ダウンロード PDFPDFアイコン(338KB)
食事サービスパンフレット 本文 ダウンロード PDFPDFアイコン(5955KB) 

※上記のPDFデータを見る為には、Adobe Readerが必要です。ダウンロードサイト はこちら

2.福祉協力校事業

各支部ごとに、地域を基盤とした児童・生徒に対する福祉学習や福祉活動への取り組みを支援しています。

基本事業03 基本事業04
3.一人暮らし高齢者交流事業(昼食会・おしゃべり会等)

地域の一人暮らし高齢者の方を対象に、日帰りバス旅行や昼食会などの交流事業を開催し、楽しい一時づくりを行っています。

基本事業05 基本事業06

広報活動

機関紙(支部だより)を定期的に発行し支部社協の活動や情報を発信して地域住民の方に地域福祉の啓発を図る。

広報活動

福祉懇談会(地域コミュニティ会議)

地域住民の生の声を聞き取る公聴会(座談会・意見交換会等)を年数回実施します。

福祉懇談会

地域を対象とした福祉教育事業

支部ごとで住民福祉講座など福祉やボランティアに関する基本的な講座を開催します。

地域を対象とした福祉教育事業

地域独自の取り組み事業

1.地域独自の事業や活動などに積極的に取り組みます。
  • 敬老会・祝い
  • 介護用品配布
  • 福祉施設訪問
  • 三世代交流
  • 高齢者健康づくり
  • 独居老人買い物ツアー
  • 福祉委員会
  • 歳末見舞品
  • 認知症予防運動
  • 福祉講演会
  • 安心電話設置
地域独自の事業
2.福祉協力員(仮)の設置

福祉協力員の全支部への設置を目指し、地域活動の推進を図ります。

ボランティア団体との協働

ボランティア団体への支所におけるボランティア連絡会の組織化、活動支援、情報提供等、ボランティアへの支援体制充実を図ります。

その他

先進性や独自性があるもの、または地域の関係機関と連携をした地域福祉活動事業、助け合いを基調とした新たな在宅福祉のシステムづくりへの取り組みについては、モデル化し、複数年にわたる補助を図ります

その他01 その他02

関連施設

地域福祉課

電話番号 0573-26-5221
FAX番号 0573-26-5701