ホーム  >  ボランティアについて知りたい  >  ボランティアを楽しもう!

ボランティアを楽しもう!

恵那市ボランティア連絡協議会

 恵那市ボランティア連絡協議会では、平成17年以降 恵那支所・岩村支所・山岡支所・明智支所・串原支所・上矢作支所の6支所ボランティア連絡会をもとに地域でのボランティア活動を行っています。全体の活動としては、総会・福祉フェスティバルの参加・交流会や県外研修を行い、会員同士の交流や情報交換を行っています。
今年度の目玉行事としては、『傾聴ボランティア養成講座』で、地域の福祉施設等で活動できる傾聴ボランティアを養成し、ゆくゆくはボランティアグループとして活動できればと考えています。
また、各支所ボランティア連絡会では、環境美化奉仕作業や施設の夏祭り等でのお手伝いなど、地域ごとの活動も行っております。
『地域の中で出来るちょっとしたボランティアをしてみたいな』そんな風に思われた方は、是非ご連絡をください。私達、恵那市ボランティア連絡協議会では、一緒にボランティア活動をして下さる仲間を待っています!

 

 

恵那市ボランティア連絡協議会会長
矢頭 和夫
 

福祉学習応援隊!!(福祉体験学習のサポート活動)

 市内の小中学校にお邪魔し、車いすの使い方や高齢者疑似体験グッズの使い方を教えています。メンバーは皆地域のボランティアです。社協が主催する「福祉学習サポーター養成講座(平成22年・23年開催)を受講後に活動しています。
 車いすの操作やお年寄りの身体について理解することは、子どもたちに教えるためだけでなく、近い将来自分たちの生活にも役立つものです。そんな思いで受講したメンバーが多いボランティアグループですが、今では、小中学校での子どもたちとの出会いやかかわりがとても楽しく思えます。もちろん活動開始当初はたくさんの子どもの前で話すことに緊張もしましたが、真剣なまなざしで聴いてくれるこどもの姿に精一杯答えたいと思い、気がつくと夢中になっていました。『高齢者の方を思いやる』『地域の中の困った人の気持ちに気づく』そこから、思いやりの心が生まれる。そんなことを少しでも多くの子どもたちに伝えていけるようこれからもがんばりたいと思います。
 

 福祉学習応援隊!! 隊長 鈴木 隆文





 

 

高校生ボランティアグループ のぞみ隊

  ぼく達は市内外の高校生が自主的に集まって作ったボランティアグループです。隊の名前は、ぼくたちの活動を「望みたい」人々に対し、ぼくたちのグループは最高の状態で「挑(のぞ)みたい」そんな思いから作られたネーミングです。今では19名のメンバーが所属し、そんな思いで活動しています。
ボランティア活動はまだまだ慣れないことが多いですが、活動を通して、どんな時も笑顔が大切であることや、「頑張ってね」「ありがとね」と声をかけてもらえることの嬉しさをたくさん経験することが出来ます。これからも、「自分たちに出来ることならやってみよう♪」そんな思いで活動を続けていけたらと思っています。みなさん応援お願いします!
 

 のぞみ隊 一同♪