ホーム  >  知ってる?私たちのこと  >  会長から一言

会長から一言

会長 宮地政臣様


今日のわが国では、少子高齢化が叫ばれる一方で、今や人口の減少社会を迎えようとしております。また他方では、一つの同じ市においても人口の密集した地域と過疎化が進む地域との差が顕著となってくるなど、様々な様相を見せてきております。

恵那市におきましても例外ではなく、市の人口の減少傾向と高齢化は進んでおり、とりわけ山間部においては、こうした社会の変化が、日常生活そのものに大きな影響を与えつつある情況にあります。今後益々地域社会が変貌していく中で、こうした変化に対する対策や対応が、さらに重要な課題となってくるものと思われます。

このような中で、恵那市社会福祉協議会では、市内13支部の活動を今後の地域福祉活動の軸足におくことにしております。本会が皆様方からいただいております会費について、平成20年度からすべてを支部活動の財源に活用していただいており、また支部活動への支援策として本会職員の各支部への担当制をしき、より一層地域に密着した活動を展開できる体制に整えております。

しかしながら、こうした活動には市民の皆様の協力が必要であり、今後益々皆様方のご理解とご協力をお願いしていかなければならないと考えております。

恵那市の福祉向上のため、全力で職務を遂行する所存でございますので、皆様のご支援とご協力のほどをよろしくお願い申し上げます。