ホーム  >  知ってる?私たちのこと  >  恵那市社会福祉協議会とは

恵那市社会福祉協議会とは

恵那市社会福祉協議会とは

沿革

平成16年10月、恵那市、岩村町、山岡町、明智町、串原村、上矢作町の1市4町1村が新設合併し、現在の恵那市となりました。恵那市社会福祉協議会も恵那市の新設合併と同日の合併に向け準備を重ね、平成16年10月25日、恵那市の新設合併により現行の『社会福祉法人 恵那市社会福祉協議会』が設立されました。
合併前には社会福祉法人として、恵那市社協・岩村町社協・山岡町社協・明智町社協・串原村社協・上矢作町社協の6市町村社協がそれぞれの地域で事業を行ってきましたが合併後は、事務局及び支所体制として、3課及び6支所による組織体制により、事業の採算性をふまえつつ効率的に市内全域に福祉サービスを提供する一方、地域ごとの特性を生かした地域福祉事業を展開しています。
とりわけ、地域福祉事業の推進においては、合併後新たに恵南地域でも支部社協を設置し、現在の13支部社協体制となりました。また、平成19年からは「支部担当制」により各支部社協に支部担当者を配置することによって、その活動の強化を図っています。

恵那市社会福祉協議会の使命

市区町村社協は、社会福祉法第109条で「地域福祉の推進を図ることを目的とする団体」と位置づけられ、次の4つの事業を行うことにより、その目的を果たすこととしています。

  • 社会福祉を目的とする事業の企画及び実施
  • 社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助
  • 社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成
  • 社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業

ここから恵那市社協は、地域の課題や問題を把握し、それに則した事業を実施するとともに、地域住民の参加を促し、また、広く福祉に関わる社会資源の協働のもとに福祉を基盤としたまちづくりを進めることが社会的役割であると考えています。それを集約して、恵那市社会福祉協議会の使命を以下の通りとします。

恵那市社会福祉協議会は、恵那市民の誰もが地域の中で互いに助けあい、安心して暮らせる福祉のまちづくりの推進を使命とする。

恵那市社会福祉協議会の経営理念(第3次発展強化計画より)

1.総合的な地域福祉の推進

本会並び本会をめぐるあらゆる福祉事業、その相互関連や他機関との連携・協働をめざし、相談事業や情報提供活動をはじめとする諸事業を総合的に推進します。

2.市民参加、利用者主体の充実

ボランティア活動、小地域活動事業をはじめ、介護所兼事業を含めた諸事業にいたるまで、本会のあらゆる事業へ市民の参加を促し、また利用者主体の原則の具現化をめざします。

3.公共性、地域性の重視

本会のあらゆる事業を通して、利益を上げることのみにとらわれることなく、公共性を重視することを基本にし、それぞれの地域のニーズに即した事業の展開をめざします。

4.創造性への挑戦

地域ニーズと社会の動向をとらえ、諸事業の検証を絶えず行い、創造性豊かな事業展開をめざします。

5.専門性の追求

職員の専門性と資質の向上をめざし、質の高いサービスを追求します。

恵那市社会福祉協議会地域福祉活動計画の基本理念(第2次地域福祉活動計画より)

1.共に生きる社会の実現

自立生活が困難な個人や家族も含めて、誰もがその意志を尊重され、自立した生活と自己実現、社会参加ができる地域づくりに努めます。

2.「自助・共助・公助」の役割分担と「共助」機能の強化

自助・共助・公助の役割分担を明確にした上で、特に地域が取り組むこと(共助)の機能強化をめざし、福祉課題に対する住民意識を醸成する活動を行う一方、その課題に相対するしくみづくりや人材育成などの事業への取り組みを活動の基軸に置きます。

3.地域福祉を担う活動主体の形成と連携・協働の推進

地域の福祉課題と向き合うさまざまな活動主体の形成に努め、これらと連携・協働して事業に取り組んでいきます。

各種ダウンロード

 

一般事業主行動計画

恵那市社会福祉協議会では全ての職員がその能力を十分に発揮できるような雇用環境の整備を行うと共に、職場と家庭生活が両立支援できるように、行動計画を策定しています。
一般事業主行動計画 PDFPDFアイコン(94KB)